日本でカジノ文化が育たない理由

海外と比べて人気がそれほど高くない理由

海外と比べて人気がそれほど高くない理由

ギャンブルをするならオンラインカジノ。
そう言われることもあるほど、海外でのオンラインカジノの人気は非常に高いものとなっています。

世界には2千以上のオンラインカジノがあり、プレイヤー総数は4千万人を超えているとも言われています。
オンラインカジノは日本の人口の半分近くにも及ぶプレイヤーを持つギャンブルでありながらも、日本においての人気は海外と比べるとそれほど高いものになっていません。
プレイヤー数が多いギャンブルということは、それだけ魅力のあるギャンブルだということです。
実際オンラインカジノは、24時間プレイできたり、10億円を超える高額な配当金を狙えたり、スマートホンから利用できたりと他のギャンブルにはないメリットと言える魅力がたくさんあります。
こうした魅力を知れば、誰でもギャンブルをするならオンラインカジノでと考えることでしょう。

それではなぜ日本でその人気がまだ高まりを見せていないのかというと、それは日本が自国にカジノはもとよりオンラインカジノを持っていないからです。
日本には賭博罪という法律があり、公営ギャンブル以外のギャンブルを日本国内にて開催、または利用すると罪が科せられます。
この賭博罪という法律があるため、日本国内にはもちろん、日本人が経営するオンラインカジノは一つも存在しません。

こうした法律上の問題により、現在利用できるのは全て海外で運営されているオンラインカジノのみです。
そして、オンラインカジノは海外で運営されているといっても、その運営は運営会社のある海外の国の政府から認められています。
その海外の政府からの運営の証として、オンラインカジノは海外の政府発行のライセンスを掲げています。

殆どのオンラインカジノではサイトの目に付く部分にライセンス情報を表示しています。
このライセンス情報のないオンラインカジノは、海外の政府から許可を得ず運営しているということになるので、ライセンスの有り無しだけで違法オンラインカジノかどうかを判別することができます。

こうしてオンラインカジノは海外の政府が認めている合法ギャンブルであることにより、万が一オンラインカジノで問題が生じてしまったり、破産するような事態となってしまっても、ライセンスを与えた海外の政府がフォローしてくれます。
そのため、利用者にとってはただ魅力的なギャンブルというだけでなく、安全なギャンブルとして利用しやすく、その利用しやすさが高い人気を生み出しています。

オンラインカジノはグレーゾーンにあるギャンブル

オンラインカジノはグレーゾーンにあるギャンブル

オンラインカジノは日本において合法ではありませんが、違法でもないグレーゾーンに位置するギャンブルです。
合法でも違法でもないというのはどういうことなのかというと、賭博罪で違法ギャンブルと断定することができない公営ギャンブル以外のギャンブルだということです。

日本の合法ギャンブルは公営ギャンブルのみで、公営ギャンブル以外のギャンブルは賭博罪にて処されることになります。
しかし、賭博罪で処すためにはいくつかの条件にあてはまっていなければなりません。
その賭博罪の条件の一つが、公営ギャンブル以外のギャンブルが日本国内で行われているというものです。

オンラインカジノの運営は海外で行われています。
いきおいゲームを動かすサーバーも海外にあり、利用者だけが国内にいる状態なので、まずこの1つ目の条件にはあてはまりません。

そして次に、運営者とプレイヤーが同時に同じ場所にいるというのも賭博罪が適用されるための条件です。
賭博罪は元々、違法ギャンブルを開催する運営者を逮捕するために作られた法律であるため、賭博罪で裁くには運営者の存在が必要となります。
オンラインカジノは海外運営のオンラインギャンブルであることから、運営者とプレイヤーが同時に同じ場所にいることなど絶対にありません。
そのため、この2つ目の条件に関しても当てはまらないので、オンラインカジノは賭博罪では処すことができないギャンブルであるということになります。

このように、オンラインカジノは賭博罪の成立条件に該当しないギャンブルであるため、合法ではないけれど違法でもないというグレーゾーンに位置しています。
このオンラインカジノの立ち位置について日本政府はしっかりと把握しています。
それでいながらも取り締まりを強化しないのは、個人利用の範囲内であれば特別問題視することはないと考えているからでしょう。

カジノ法案成立でグレーゾーンから合法へ変わる?

カジノ法案成立でグレーゾーンから合法へ変わる?

カジノ法案が成立したことにより、もうあと数年もすれば日本に初のカジノが誕生すると言われています。
カジノが国内に誕生するということは、カジノが合法ギャンブルとして認められるということです。

カジノが合法になるということは、カジノをオンライン上に移したオンラインカジノも合法になるのではないかとの声も上がっていますが、今のところカジノは合法化されても、オンラインカジノが合法化される見通しはありません。
IR推進会議にても、カジノ事業者が施設外でのカジノギャンブルを運営することを禁止するとの話が出ているので、日本初のカジノは誕生しても日本初のオンラインカジノの誕生は期待できないでしょう。

しかし、海外のカジノ合法国のほとんどがオンラインカジノを合法化しているので、今はまだ叶えられなくてもカジノが日本に馴染んできた将来、オンラインカジノも合法化されるかもしれません。